オンラインカジノとは

オンラインカジノの歴史を紐解き日本を含む今後の動向を考えてみた!

オンラインカジノの歴史

今では世界中で4000万人以上のユーザーがいると言われるオンラインカジノですが、実はまだ20年以上と歴史の浅い産業です。

もっと言えば、日本で広まったのはここ10年足らずのことです。

そこでここでは、オンラインカジノのこれまでの歴史を紐解いていきながら、現在にまで至るまでの流れを理解し、そして今後オンラインカジノは日本においてどのように変わっていくのかを考えてみました。

最新オンラインカジノランキングはこちら

オンラインカジノランキング2023年最新版【目的別のおすすめ】

続きを見る

オンラインカジノの歴史!幕開けは1990年代

アンティグア・バーブーダ

オンラインカジノの歴史は、世界でインターネットが普及し始めた1990年代にはじまりました。

具体的には1994年に、今でも信頼性の高いライセンス発行国の1つとして知られている、カリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国のアンティグア・バーブーダが、オンラインカジノに関する法律を制定しました。

今では政府のライセンス発行が信頼性の証として知られていますが、歴史を遡るとこのアンティグア・バーブーダのライセンスがはじまりだったというわけですね。

この法律決定を受けて、オンラインカジノのソフトを真っ先に開発した会社が、今でも人気のゲーミングソフト会社として名を連ねる「マイクロゲーミング社」でした。

このように日本人ユーザーおなじみのベラジョンカジノをはじめ、エンパイア777(エンパイアカジノ)など、信頼性の高いと言われるサイトの多くにスロットやライブカジノを配信している最大手のソフトウェア会社になります。

世界初のオンラインカジノサイトはどこ?

1994年に運営ライセンスの発行が認められて以降、複数の企業が参入してソフトウェア開発が進み、オンラインカジノサイトが誕生したのは翌年1995年でした。

世界初のオンラインカジノは、インターカジノゲーミングクラブの2つと言われています。

ここでは世界最古の1つとして現在でも有名な、ウェイジャーロジック社が立ち上げたインターカジノを例に、誕生から現在に至るまでの歴史を紐解いていきましょう。

インターカジノの一般的な記事はこちら

インターカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

創世記は苦しい状況が続く

当時親会社だったクリプトロジック社がソフトウェア(ゲーム)と、当時画期的と言われた電子決済方法「Ecash」を開発して、ウェイジャーロジック社がオンラインを使った運営をはじめたのが始まりと言われています。

とはいえ、当時は今のように不正やイカサマを監視する第三者機関などなく、悪質なオンラインカジノが後を立たなかったため、インターカジノも運営を軌道に乗せることが難しい状況でした。

そんな不安定な状況を打破しようと、2003年にユーザーが安全に利用できる環境を構築するために、ある団体が創設されました。

それがeCOGRA (イーコグラ)と言われる現在最も厳しい運営監視機関の1つとされる独立審査機関です。

インターカジノも、このeCOGRA (イーコグラ)の認定を受け、今のように違法性のないと公言できる運営規則が整備されるまでには約10年かかり、2007年にマルタ政府の運営ライセンスを取得して、ようやく現在のようにユーザーが安心してプレイできる環境が整いました。

その後インターカジノはDumarca Holdings Ltd社に運営が変わり、イギリスのロンドン一部上場企業である「Jackpotjoy plc」のグループ企業となりました。

日本で広まったのは2000年代に入ってから

1994年に誕生したオンラインカジノですが、日本人ユーザーの認知度が高まるのは5年以上経った2000年代に入ってからのことです。

そもそも、それまでは日本語に対応しているサービがなかったため、一部のコアな日本人ユーザーしかいませんでしたが、「インペリアルカジノ」というオンラインカジノが初めて日本語サポートを導入したことから、徐々に認知度が高まったと言われています。

ただし、最初は日本語表記がところどころおかしかったため、ゲームを純粋に楽しめないという状態が数年続きました。

そのような中で日本人ユーザーが増えたきっかけとなったのが、先程触れたインターカジノの運営会社となったDumarca Holdings Ltd社が2011年にサービスを開始した、Vera&John(ベラジョンカジノ)です。

※2020年からは運営会社がBreckenridge Curacao B.V社に変わりました

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの一般的な記事はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

このベラジョンカジノが本格的に日本市場に参入したことによって、日本人ユーザーが右肩上がりで増えていったわけですが、日本のオンラインカジノの歴史は、まだ10年くらいしかないことがお分かりいただけると思います。

これからのオンラインカジノはどうなる?

このようにオンラインカジノの歴史は約25年、日本に至ってはたった10年ほどの歴史しかありません。

そのため世界的にも、はっきりと合法・違法としている国よりも、合法ではないけれど違法でもない国のような曖昧なところが多い状況です。

日本も正に違法性はあるものの違法ではない国の1つなのですが、この辺りについては詳しく別記事で解説していますので、気になる方はご覧ください。

オンラインカジノは違法か合法か
合わせて読みたいオンラインカジノは「違法なの?合法なの?」現時点の見解を解説

続きを見る

ただ世界的な動きを見るとランドカジノのメッカであるアメリカでは2012年までオンラインカジノは法律で禁止されていましたが、その後州単位での合法化が認められるようになってから、現在ではデラウェア州、ニュージャージー州、ネバダ州、ペンジルベニア州で合法となっています。

さらに、その他でも禁止を解除する動きが本格化している州がたくさん出てきているようです。

日本でもIR法案(統合型リゾート)の可決によってランドカジノの運営が注目されていますが、それに伴って今後オンラインカジノの法律も成立するのか気になるところではありますよね。

2024年には現在の市場規模の2倍以上になることが予測されていますので、オンラインカジノはまだまだこれから成長していくことが期待されます。

今後が楽しみですね!

初めてのオンラインカジノなら!

【ランキング1位】遊雅堂(ゆうがどう)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2021年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノ、インターカジノの姉妹サイトとして2021年にオープンしたオンラインカジノです。他の2サイトと違って日本人を意識したサービスの仕様になっていて、通貨が「円」で入出金およびゲームプレイができることから、現在の金融情勢を踏まえてNO.1としました。

遊雅堂の当サイトの詳細解説はこちら

遊雅堂の評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング2位】ベラジョンカジノ(Vera&John)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2011年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

日本市場にオンラインカジノの認知度を拡げた立役者であるベラジョンカジノ。決済手段・ゲームの種類・サポート対応と信頼性とユーザビリティの高さから、初心者が安心してプレイできるという点ではNO.1と言えるでしょう。


ベラジョンカジノの当サイトの詳細解説はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング3位】インターカジノ(InterCasino)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 1996年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノと比べて認知度はやや劣るので第3位としました。2020年に大幅リニューアルしたことでユーザビリティも大幅に向上したため、ベラジョンと差がほとんどなくなりました。初回ボーナスを優先するならインターカジノがおすすめです。


インターカジノの当サイトの詳細解説はこちら

インターカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

最新のカジノランキングはこの画像をタップ!