オンラインカジノとは

オンラインカジノの還元率【高いの?低いの?】

オンラインカジノに興味を持ったなら、たびたび耳にするであろう「還元率」という言葉。

他のギャンブルと比べて高いのか、低いのか?

ゲームごとに還元率って違いがあるの?

という疑問がありますよね。

もっと言えば、そもそも還元率って何?ペイアウト率やハウスエッジと何が違うの?という方も少なくないと思います。

普段からパチンコや競馬などギャンブルを楽しんでいる方なら意味は理解していると思いますが、一体どのような意味なのかについても詳しく解説していきます。

かと言った所を詳しく解説していきます。

最新オンラインカジノランキングはこちら

オンラインカジノランキング2023年最新版【目的別のおすすめ】

続きを見る

オンラインカジノと他のギャンプルの還元率の比較

オンラインカジノにおける還元率と各ギャンブルで比較するとこのようになります。

種類 還元率
オンラインカジノ 97~99%
パチンコ(パチスロ) 80~85%
競馬・競艇 70~75%
宝くじ・ロト 40~45%

一目瞭然かと思いますが、オンラインカジノは他のギャンブルよりも明らかに還元率が高いことがお分かり頂けると思います。

パチンコや競馬のように人件費や場所代などがかからないこともあり、還元率が高いとも言われていますが、それにしても圧倒的な数字と言えるでしょう。

オンラインカジノのゲーム別還元率ランキング

では次に、ゲームごとの還元率はどのくらいに設定されているのでしょうか。

好き嫌いはあると思いますが、出来るだけ還元率が高い(=稼ぎやすく負けにくい)ゲームの腕を磨くのも戦略の1つとなりますので、ランキング形式で高い順に見てみましょう。

※以下、画像で紹介しているゲームは全てVera&John(ベラジョン)でプレイできるゲームとなっています。

ベラジョンカジノの一般的な記事はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【第1位】ブラックジャック

還元率:96~102%(平均約99%)

ブラックジャックの攻略法として、ベーシックストラテジーという鉄板の方法がありますが、これを完璧に使いこなせるようになると、ほぼ100%に近い99.7%となります。

また、場合によっては還元率が100%を超える必勝法も存在するため、ハイローラー達が腕を磨くゲームとしても有名です。

■ブラックジャックについてもっと詳しく解説

【第2位】バカラ

還元率:98.7~98.9%(約99%)

バカラはプレイヤーとバンカー(胴元役)の差がつきにくいためブラックジャックのような必勝法は存在しません。

しかしながら、もともとプレイヤーに有利になるようなルールであること、配当金から予めカジノ側にコミッションが入るような仕組みになっているため、99%に限りなく近く、高めに設定されています。

小難しいことは抜きにして、純粋にゲームを楽しみたい、けど出来るだけ勝ちたい!という人達に人気があります。

■バカラについてもっと詳しく解説

【第3位】ポーカー

還元率:約98%

ポーカーは、上位2つのゲームと比べて若干低いものの、それでも98%と高いゲームです。

もっと言えば、ポーカーはテーブルゲームの中でも断トツで戦略を要するゲームで、リアルカジノでは100%を超えるとも言われています。

ただし、オンラインカジノのポーカーは、リアルポーカーのような駆け引きができないため、ブラックジャックやバカラに比べると低い数字となっています。

【第4位】ルーレット

還元率:94~98%(平均約97%)

ルーレットも戦略的な必勝法がないゲームのため、若干下がります。

ただし、勝てば大きな配当を得られるということから、一発逆転を狙うハイローラーも多いゲームです。

■ルーレットについてもっと詳しく解説

【第5位】ビデオスロット

還元率:93~97%(平均約95%)

最も人気のゲームでありながら還元率は1番低いビデオスロット。

理由は、プログラムによって決まるため、私たちプレイヤーが出来ることはボタンを押すことしかできないからです。

その代わりに、当たれば1発で数千万円以上という大当たりが出るゲームでもあり、その可能性が平等にあります。

そのため、初心者からハイローラーまで広く人気のゲームとなっています。

■スロットについてもっと詳しく解説

還元率とは

では、この「還元率」とは一体どういった意味なのか。

同様の意味で、控除率、ペイアウト率、ハウスエッジといった言葉でも表現されることもあるため、しばしば混乱する方も少なくありません。

簡潔に整理しますと、以下のような関係性になります。

還元率≒ペイアウト率

控除率=ハウスエッジ

このそれぞれ持つ意味について、まずは解説していきましょう。

還元率と控除率(ハウスエッジ)の違い

還元率とは、

あなたが賭けた金額に対して、運営側から得る勝利金の割合

のことを言います。

例えば、3万5000円を賭けて4万円の勝利金が残った場合の還元率は、

35000円÷50000✕100%=70%

となります。

一方、控除率(ハウスエッジ)はギャンブルの運営側(=胴元とも言う)の利益を得る割合のことを言います。

つまり、先程の例で考えれば還元率70%の場合には30%が控除率(=両方足すと100%)ということになります。

つまり、還元率が100%に近いほどプレイヤーである私たちが勝ちやすく、控除率が高ければ運営側が勝ちやすいという意味となるわけです。

還元率とペイアウト率の違い

次に、還元率とペイアウト率の違いについてはどうでしょうか。

還元率はギャンブルそのものの勝てる割合の事を言うのに対し、

スロットやポーカー、ブラックジャックと言ったゲームごとに設定された還元率のこと

これをペイアウト率と表現します。

そのため、厳密に言えば両者は意味に微妙な差があるものの、一般的に同じく解釈されることが多いです。

結論:オンラインカジノの還元率は総じて高い!

オンラインカジノは他のギャンブルに比べて還元率が高い事がお分かり頂けたと思います。

また、同じスロットでも数百種類ありますから、中には97~98%というスロットもあります。

そのため、還元率が低いからといって稼げないというわけではありませんので、自分の相性の合うゲームを探すことも楽しみの1つと言えるでしょう。

初めてのオンラインカジノなら!

【ランキング1位】遊雅堂(ゆうがどう)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2021年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノ、インターカジノの姉妹サイトとして2021年にオープンしたオンラインカジノです。他の2サイトと違って日本人を意識したサービスの仕様になっていて、通貨が「円」で入出金およびゲームプレイができることから、現在の金融情勢を踏まえてNO.1としました。

遊雅堂の当サイトの詳細解説はこちら

遊雅堂の評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング2位】ベラジョンカジノ(Vera&John)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2011年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

日本市場にオンラインカジノの認知度を拡げた立役者であるベラジョンカジノ。決済手段・ゲームの種類・サポート対応と信頼性とユーザビリティの高さから、初心者が安心してプレイできるという点ではNO.1と言えるでしょう。


ベラジョンカジノの当サイトの詳細解説はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング3位】インターカジノ(InterCasino)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 1996年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノと比べて認知度はやや劣るので第3位としました。2020年に大幅リニューアルしたことでユーザビリティも大幅に向上したため、ベラジョンと差がほとんどなくなりました。初回ボーナスを優先するならインターカジノがおすすめです。


インターカジノの当サイトの詳細解説はこちら

インターカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

最新のカジノランキングはこの画像をタップ!