オンラインカジノの出金を小切手で行うメリット・デメリット

オンラインカジノから出金する方法は、現在では電子決済サービスを経由して日本国内の自分の口座に送金するのが主流ですが、以前までは小切手が一般的でした。

今でも一部を除いて、申請すれば小切手で出金することは可能ですが、そのメリット・デメリットは果たしてどのようなことがあるのでしょうか。

小切手を換金する流れとともに解説します。

小切手で勝利金を受け取るメリット

小切手で勝利金を受け取るメリットは、簡単に言ってしまえば確実で余計な手間が省けること。

ecoPayzをはじめとした電子決済サービスを使う場合、まずは電子決済サービスに出金して、さらにそこから自分の国内口座に送金又は換金しなければなりません。

その点、小切手は直接エアメールで送られて来て、通帳、身分証明書と認印を持って銀行で換金するだけなので、手続きとしては非常に簡単です。

小切手で換金するデメリット

一方、デメリットはいくつかありますが、一番大きな点は現金化するまでに時間がかかること。

具体的には小切手を申請して自宅に届くまでに3~4週間(約1ヵ月)。

さらに、銀行で手続きしてから数日と、現金化(=口座に振り込まれる)までに約1ヵ月はかかることです。

もう1つは小切手を換金する手数料が高いこと。

銀行によって小切手1枚につき2000円~5000円の手数料かかります。

また、日本円で発行するとさらに手数料がかかるため、小切手を発行する際はアメリカドルで換金することをおすすめしますが、それでも電子決済サービスよりも手数料は高いのが現状です。

まとめ

最近は小切手のニーズが減ってきたため、対応していない所もあるようなので、予めサポートに確認が必要です。

ただ、時間もかかり手数料も高い上に、銀行によってはオンラインカジノからの小切手という事を伝えると、出金拒否をされる場合もあるようです。

そのため、確実性はあるものの、現在では有効な出金方法とは言えませんので、出金には信頼性のある電子決済サービスを利用することをおすすめします。

当サイトが推奨する電子決済サービスはecoPayz(エコペイズ)です

タイトルとURLをコピーしました