オンラインカジノとは

オンラインカジノのライセンス!取得する意味と信頼性の違い

オンラインカジノのライセンスと種類

オンラインカジノについて探していると

〇〇カジノは△△のライセンスを取得してるから安心!

こんな言葉をよく見かけないでしょうか?

オンラインカジノにとって、この「ライセンス」を取得することにどういった意味を持つのか。さらに同じライセンスでも発行する国(政府)によって安全性にも違いがあると言われています。

ここでは、そんなオンラインカジノのライセンスについて詳しく紹介していきたいと思います。

最新オンラインカジノランキングはこちら

オンラインカジノランキング2023年最新版【目的別のおすすめ】

続きを見る

オンラインカジノにおけるライセンスが持つ意味

オンラインカジノがライセンスを取得する意味は、

合法的に運営していることを国(政府)から認められている証

これをプレイヤーや各関係機関に明示するためです。

言い方を変えると、このオンラインカジノは違法なく運営されていますよという証でもあります。

また、

  • 全世界に2000以上のオンラインカジノが存在すること
  • 賭博にあたるため、依存症の懸念があること
  • 一部で不当な利益を得ようとする悪質な業者が存在すること
  • オンラインカジノが禁止されている(違法な)国があるため

こうした背景があるため、ライセンスを取得しているかは、そのオンラインカジノの信頼性を測る1つの基準となっています。

「ライセンスがない=違法運営」ということを覚えて、絶対にライセンスのないカジノには登録しないようにしてくださいね!
カジ丸

オンラインカジノの信頼性を判断するポイント
より詳しく!詐欺やイカサマのないオンラインカジノの信頼性を見分ける5つのポイント

続きを見る

ライセンスの発行国(政府)によってもオンラインカジノの安全性は異なる

ライセンスは国(政府)単位で発行されると言いましたが、発行している国は様々あり、それぞれ審査基準も異なります。

もっといえば、審査基準が厳しくライセンス料も高い国もあれば、お金さえ払えば審査はほとんどなく発行する国もあります。

つまり、ライセンスを取得しているからといって必ずしも安全とは言えないため、どこの国や政府から発行されたものを取得しているかについても信頼性を見極める際には重要なポイントになります。

では、具体的に一定以上の審査基準をクリアしている代表的な国(政府)と取得しているオンラインカジノをまとめました。

イギリス

イギリス国内でギャンブル関係のサービスを提供する企業は必ず取得しなければいけないのがGambling Commission(英国賭博委員会)が発行するライセンスになります。

基本的にイギリス国内に適用するものですが信頼性は抜群に高く、世界に展開するブックメーカーやソフトウェア会社が取得しています。

ジブラルタル政府(イギリス領土)

イベリア半島の南端に突き出した場所にあるイギリス領の自治政府になります。

このジブラルタル政府の審査基準は、数ある国(政府)の中でも厳しいと言われているため、ジブラルタルが発行するライセンスを取得しているオンラインカジノは安全性の高さがお墨付きとも言われています。

<取得しているオンラインカジノ>

マルタ共和国

イタリアのシチリア島の南に位置する小さな島に浮かぶEU加盟国です。

マルタもジブラルタル同様に審査基準が厳しいと言われ、かつライセンスの維持費も高いことから、「マルタのmgaを取得し続けている=運営資金が潤沢なカジノ」とも判断できます。

<取得しているオンラインカジノ>

マン島(イギリス特別領域)

イギリスのちょうど真ん中に浮かぶイギリス王室が支配権を持つ領土になります。

こちらも同様に厳しい審査基準と言われていますが、ランドカジノやソフトウェア会社などにもライセンスを発行するなど世界的に見ても信頼性の高いと言われています。

<取得しているオンラインカジノ>

キュラソー(オランダ領)

カリブ海に浮かぶオランダ王国の構成国。

キュラソーのライセンスは政府が認めた4社のライセンスホルダーが、それぞれサブライセンスを発行する形となっています。

そのため上記いずれかのマークの書面が発行されているオンラインカジノは全てキュラソー政府からのライセンスを取得していることになります。

ここまで紹介してきたマルタなどに比べると審査基準は厳しくないですが、新しいシステムや入金・出金制度の導入に寛容なため、キュラソーライセンスに切り替えるオンラインカジノも多くなっています。

フィリピン

フィリピン政府からはこれまでカガヤン特別経済苦のみに発行していたFirst Cagayan(ファーストカガヤン)とPAGCOR(パグコー)の2種類のライセンスがありましたが、社会情勢の影響で現在はPAGCORのみとなっています。

アジア圏ではマカオに次ぐランドカジノ大国のライセンスでもあるため、中の上クラスの信頼性はあると言ってよいでしょう。

<取得しているオンラインカジノ>

カナワク(カナダ)

Kahnawakeと書くので「カナワケ」と呼ばれることもありますが、カナダの先住民モホーク族が自治権をもつ居留区です。

審査基準がそれほど高くなく、ライセンス料も安いことから取得するオンラインカジノもありますが、正直なところ信頼性は気になるところです。

とくにカナワクだけしかライセンスを取得していないところは注意が必要かもしれません。

<取得しているオンラインカジノ>

※エルドアカジノはキュラソーライセンスも取得しています

まとめ

国や政府からのライセンスを取得していれば100%安全なオンラインカジノというわけではありません。

ただ少なくとも審査基準が厳しい国(政府)からのライセンスを取得しているサイトは一定以上の信頼性があり、かつ運営資金も豊富であることは間違いありません。

安心して楽しくプレイするためにも、オンラインカジノを選ぶ際にはライセンスも1つの基準としてみてはいかがでしょうか。

初めてのオンラインカジノなら!

【ランキング1位】遊雅堂(ゆうがどう)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2021年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノ、インターカジノの姉妹サイトとして2021年にオープンしたオンラインカジノです。他の2サイトと違って日本人を意識したサービスの仕様になっていて、通貨が「円」で入出金およびゲームプレイができることから、現在の金融情勢を踏まえてNO.1としました。

遊雅堂の当サイトの詳細解説はこちら

遊雅堂の評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング2位】ベラジョンカジノ(Vera&John)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 2011年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

日本市場にオンラインカジノの認知度を拡げた立役者であるベラジョンカジノ。決済手段・ゲームの種類・サポート対応と信頼性とユーザビリティの高さから、初心者が安心してプレイできるという点ではNO.1と言えるでしょう。


ベラジョンカジノの当サイトの詳細解説はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

【ランキング3位】インターカジノ(InterCasino)

運営企業 Breckenridge Curacao B.V
運営歴 1996年~
ライセンス キュラソー
入出金方法 銀行送金、電子決済サービス、クレジットカード(入金のみ)、仮想通貨
ゲームの種類 スロット、ライブカジノ、ビデオゲーム

ベラジョンカジノと比べて認知度はやや劣るので第3位としました。2020年に大幅リニューアルしたことでユーザビリティも大幅に向上したため、ベラジョンと差がほとんどなくなりました。初回ボーナスを優先するならインターカジノがおすすめです。


インターカジノの当サイトの詳細解説はこちら

インターカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

最新のカジノランキングはこの画像をタップ!