ルーレットの攻略・必勝法

オンラインカジノ 攻略

ルーレットは回転している円盤にボールを落ちるだけのゲームのため、基本的に勝てるかどうかは確率次第。

そのため、ビデオタイプ、ライブカジノ問わず、わたしたちが戦略を駆使して必ず勝てる方法というのは存在しません。

ただしルーレットにはブラックジャックやバカラとは違って、独自のベット方法と配当率があるため、勝率を高める攻略の仕方があるのは事実。

ここでは勝率が高い順にルーレットの必勝法を7つ紹介していきたいと思います。
なお、ここではルーレットの基本的なルールや賭け方は解説していませんので初心者の方は先にこちらの記事をご覧ください。

オンラインカジノのルーレット【基本ルールと賭け方】
オンラインカジノでルーレットを遊ぶための基本的なルールと賭け方について解説しています。

2/3ベット法【勝率98.48%】

大勝する方法ではないが、少ない資金でも利益を積み上げて行けるルーレットでは鉄板の必勝法です。

勝てばベット額1単位の利益で負けると2単位の損失となります。

【2/3ベット法のやり方】

①ダズンベットまたはカラムベットいずれか3ヵ所のうち、1ヵ所に連続で3回入るまで空回しをする

②3回連続入った1ヵ所を除く2ヶ所にベットする

※空回しとは、チップを賭けない状態でボールがどこに入るかを観察する行為のこと。ゲームによっては空回しができないルーレットもあるので注意が必要です。

2/3法の賭け方①

2/3法の賭け方②

2/3法の賭け方③

2/3法の賭け方④

2/3法の賭け方⑤

上記の場合、上段エリアに3回連続で入りましたので、上段に4回連続で出現する割合は1.52%。

残り中断と下段のいずれかに入る確率が98.48%となるので、この2ヵ所に1ドルずつカラムベットしたところ、見事中断の「29」に入り勝つことができました。

1ドル×3倍配当-2ドル=1ドルの利益が確定しました。

配当の高い賭け方ではないため大きく勝つことはできませんが、連敗をしにくい手堅い必勝法が2/3ベット法の特徴です。

マンシュリアン法【勝率97%】

5回の勝負の中で1回でも勝てば利益が確定する勝率の高い必勝法です。

【マンシュリアン法のやり方】

①任意の場所に1ユニットをコーナーベットして勝負する

②負けたらユニットは同じでコーナーベットを1つ増やす

③負けたらユニットを②の倍にしてコーナーベットをさらに1つ追加する

④負けたらユニットを③の倍にしてコーナーベットも1つ増やす

⑤負けたらユニットを④の倍にしてコーナーベットも1つ増やす

マンシュリアン法の賭け方①

マンシュリアン法の賭け方②

マンシュリアン法の賭け方③

マンシュリアン法の賭け方④

マンシュリアン法の賭け方⑤

上記実践例では1ユニット1ドルで賭けて4回目で勝利することができました。

利益計算をしてみると

1回目:1ドル・1コーナーベット=-1ドル
2回目:1ドル・2コーナーベット=-2ドル
3回目:2ドル・3コーナーベット=-6ドル
4回目:4ドル・4コーナーベット=4ドル×9倍配当-16ドル=20ドル

利益=20ドル-9ドル=11ドル

このようになりました。

5連敗しなければ損失が出ることがないので、私はマンシュリアン法で勝てない日はついてない日と割り切るようにしているくらいよく使う必勝法です。

他の手法で負けが込んでいる時に利益を確定させる際に用いる方法として覚えておいて損はないと言えるでしょう。

ベアビック法【勝率94.5%】

前回出た数字と0(アメリカンルーレットの場合は0と00)を除く35個の数字にストレートアップでベットする方法です。

勝率は高いものの、賭ける額が大きい分勝っても利益が少ないこと、負けた場合には大きな損失が出てしまうデメリットもあります。

【ベアビック法のやり方】

①前回出た数と0(以外)の全てにストレートアップでベットする

※最初に使う場合は空回しで出た数を基準とする

ベアビック法の賭け方

ベアビック法は計算上確かに勝率は高いのですが、実は期待値は高くありません。

理由は、勝率の算出が前回と同じ数と0(00)が次に来ない前提としている数字だからです。

冷静に考えるとわかるのですが、どの数が出ても次に出る確率は同じ。

例えば今回のように「29」が次に出る確率もその他の数字が出る確率も1/37(または1/38)と一定ということ。

そのため、勝率は高いですが実践ベースでおすすめできる必勝法とは言えないので注意が必要です。

666戦略【勝率89%】

勝率が高く、勝てば6単位の利益が出る方法です。

【666戦略のやり方】

①赤黒賭けで赤に36単位ベットする(配当2倍)

②黒の数字で6ヶ所(画像参照)にスプリットベットで4単位ずつ賭ける(配当18倍)

※1箇所は0の数字を含む形となりますがヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットで違うので注意が必要です

ヨーロピアンルーレット:0-2(黒)
アメリカンルーレット:0-00

③チップが置かれていない黒の数字3ヶ所に2単位ずつストレートアップでベットする(36倍)

666戦略の賭け方①

666戦略の賭け方②

666戦略の賭け方③

666戦略の賭け方④

このように3つのベットを組み合わせて合計66ユニットを賭けることで89%の確率で6ユニットの利益が出ることから666戦略と呼ばれています。

上記の実践例では1単位を1ドルとして結果赤の「14」に入りましたから、

赤黒賭けで36ドル×2倍配当-66ドル=6ドルの利益が確定しました。

このように勝率が高い割に利益もしっかり出る必勝法と言えますが、その反面で必ず66ユニットをベットしなければならないため、負けたときの損失が大きいというデメリットもあります。

2カラム2ダズン法【勝率84%~86%】

勝率が1/3であるカラムベットとダズンベットのうち、各2ヵ所ずつ計4ヵ所にベットする方法です。

【2カラム2ダズン法のやり方】

①3ヵ所のカラムベットのうち好きな2ヶ所にベットする

②3ヶ所のダズンベットのうち好きな2ヶ所にベットする

2カラム2ダズン法の賭け方①

2カラム2ダズン法の賭け方②

2カラム2ダズン法の賭け方③

上記実践例では1単位5ドルの合計20ドルの賭け金で赤の「14」で勝利しましたので、ダズンベットの2ndエリアで勝利しました。

ただし、利益を計算してみると

5ドル×配当3倍-20ドル=-5ドル

と結果的には損失になっていることがわかります。

このように2カラム2ダズン法は勝率は80%を超えるものの、カラムベットとダズンベットの両方で勝てないとベット額によってはマイナスになる点には注意が必要です。

ダブルストリート5ベット【勝率81%】

1ヵ所6/37で16.2%のダブルストリートベットを5ヵ所にすることで、6倍配当を狙う必勝法になります。

【ダブルストリート5ベットのやり方】

①任意の5ヶ所にダブルストリートベットをする

②どこに賭けても構わないが当たり目が被らないようにベットする

ダブルストリート5ベットの賭け方①

ダブルストリート5ベットの賭け方②

ダブルストリート5ベットの賭け方③

ハマればかなり強力な必勝法となりますが、1度負けると5連勝しないと損失を取り戻すことができない手法となるため、続けて使う場合にはベット額を考えた戦略が必要となります。

フラワーベット法【勝率2.7%~21.6%】

1つの数字の周りに8ヶ所にベットする形が花のように見えることでその名がつけられた必勝法。

勝率は低いですが、勝てば配当が最高で144倍にもなる1撃が非常に大きい方法になります。

【フラワーベット法のやり方】

①任意の1つの数字をストレートアップでベットする

②①の数字を中心にスプリットベットとコーナーベットを計8ヵ所する

フラワーベット法の賭け方①

フラワーベット法の賭け方②

フラワーベット法の賭け方③

上記の実践例では黒の「11」に入り36倍配当がつきました。

各数字と勝率をまとめてみるとこのようになります。

●6・12・4・10:配当9倍/勝率21.6%
●9・11・7・5:配当36倍/勝率10.8%
●8:配当144倍/勝率2.7%

このように勝率は非常に低いものの、最小でも9倍つきますので、少ない賭け金で勝負するなら意外と使える方法です。

もちろんハイリスク・ハイリターンで勝負するハイローラーには期待値が高い必勝法となります。

ただし、アメリカンルーレットの場合勝率がさらに下がりますのでフラワーベット法を使うならヨーロピアンルーレットでプレイするようにしましょう。

まとめ

ルーレットは至ってシンプルなゲームではありますが多様なベット方法があるので組み合わせ次第ではリスクを最小限に抑えたり、逆に大勝ちも狙いにいくことも可能です。

ちなみに今回実践例で紹介している画像はすべてベラジョンカジノで遊べるNet Entertainment社のEuropean Rouletteになります。

シンプルでわかりやすいルーレットになっていますので、まずはこちらで少ないベット額から、ここで紹介した必勝法を練習してみてはいかがでしょうか。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました