オンラインカジノ総合情報サイト


当サイトはGPWA(世界的なギャンブル協会)の認定を受けているポータルサイトです。
目的別に探せる2020年最新のオンラインカジノランキングはココから

最新ランキングを見る

オンラインカジノのスロット【ビデオスロットとパチスロの違い】

オンラインカジノのゲーム

パチスロのある日本では比較的馴染みのあるゲームとして知られているスロット。

では、オンラインカジノのスロットはビデオスロットと言われますが、パチスロと比べてどんな違いがあるか。

ここではビデオスロットの特徴を詳しく解説していきます。

ビデオスロットとパチスロの違い

オンラインカジノのスロットとはビデオスロットと言われ、日本のパチスロとは違ってリールを回したら(=ボタンをタップする)自動でとまるタイプのゲームになります。

つまり、パチスロのように目押しや何回転回せば当たるといった技術的な必勝法は存在しないゲームというのが大前提としてあります。

ビデオスロットのメリット

RNG(乱数発生器)と呼ばれるプログラムによって決まるため、完全に勝つか負けるかは運次第です。

これだけ聞くと、何らメリット感じなくなってしまう方もいるかもしれませんが、実は最も遊ぶプレイヤーが多いのが、このスロットです。

その理由は、一発で数千万円以上の高額賞金獲得の大当たり(=ジャックポット)が出るゲームだからです。

例えばスロットだけで約900種類のゲームが揃うVera&John(ベラジョン)では、2017年に過去最高となる4,100,000ドルというジャックポットが出ました。

ゲーム:Joker Millions

こちらは最大で8,018,567.95ドルが出る可能性のあるベラジョンで最も高いジャックポットゲームの1つですが、このゲームで、たった77セント賭けて遊んだプレイヤーが4,100,000ドルもの大金を得たのです。

つまり、約80円→約4億5,000万円になったと言い換えれば、その金額の凄さがお分かり頂けるのではないでしょうか。

このようにパチスロではまず出ることのない金額が出る可能性があるのがスロットというわけです。

ビデオスロットのデメリット

このように正に一攫千金が誰にでも平等に与えられているのがビデオスロットの魅力です。

ただし、パチスロのように目押しができるものではないので完全に運任せであること。

そのため、オンラインカジノのゲームの中でも、テーブルゲームに比べて還元率(=賭けた金額に対する払い戻しの割合)が低い事がデメリットと言えるでしょう。

●関連記事

オンラインカジノの還元率【高いの?低いの?】
オンラインカジノの還元率は一般的なギャンブルに比べて高いのか、それとも低いのか。ゲーム別の還元率から還元率の意味についても詳しく解説します。

オンラインカジノのスロット 種類と特徴

オンラインカジノのスロットは種類が非常に豊富なのもプレイヤーを飽きさせないポイントです。

カテゴリーで分類するとクラシックスロット、ビデオスロット、ジャックポットスロットに大きく3種類に分けて考えることができます。

ここでは、Vera&John(ベラジョン)で人気のゲームを紹介しながら各特長を解説していきましょう。

クラシックスロット

ゲーム名:Mega Money Multiplier
配信会社:Microgaming

いわゆる昔からあるシンプルなスロットゲームのタイプです。

スロットを遊び尽くしたプレイヤーは結局ここに戻ってくると言われるほどブレない人気があります。

ビデオスロット

ゲーム名:Starburst
配信会社:Net Entertainment

ゲーム名:Africa Goes Wild
配信会社:Leander Games

いわゆるオンラインカジノで言うところの一般的なスロットゲーム。

現在最も人気で実に色々なゲーム会社が日々開発に励んでいるのがビデオスロットです。

Vera&John(ベラジョン)には約850種類もあり、ゲーム性の高い演出やアニメーション豊かなもの、さらには映画や人気アニメとタイアップしたものまであります。

ゲーム自体がリールを回すだけという単純なため、こうしたバリエーションによってプレイヤーを飽きさせない工夫を取り入れています。

プログレッシブ・ジャックポットスロット

ゲーム名:Empire Fortune
配信会社:Yggdrasil Gaming

ゲーム名:Mega Moolah
配信会社:Microgaming

こちらは今までそのゲームで賭けられた賭け金を払い戻す形なので高額ジャックポットが狙えるスロットになります。

ただし、賭け金の一部はジャックポットの賞金とされることが条件となり、ジャックポットが出る確率も25万~30万分の1とも言われているハイリスク・ハイリターンタイプのスロットになります。

とはいえ、日本の宝くじは約1,000万分の1、2018年に16億ドル(約1,800億円)という賞金額が出たアメリカのメガミリオンズは約1億分の1の確率と言われているので、それを考えれば決して夢ではない確率と言えるのかもしれません。

オンラインカジノのスロット攻略法

ここまでしっかり読んでいただけた方なら薄々気づいていらっしゃると思いますが、残念ながらスロットには攻略法はありません。

理由は、完全ランダムの自動プログラムで勝ち負けが決まってしまうゲームだからです。

でも、このことを逆手に取って考えれば、ちょっとピンとくることはないでしょうか?

それは、賭ける回数に比例して勝てる確率は高くなるということ。

確かに還元率は他のゲームに比べて低いものの、85%~97%と変動の幅は大きいので、少額の勝利であれば何回かに1回は必ず出るようになっています。

そして、それを続けていれば「ジャックポットはプレイヤー平等に出る可能性がある」のも事実。

そうはいっても、誰しも資金が無限にあるわけではありませんので、ここで逆転発想をするわけです。

つまり、

「出来るだけたくさん回す=出来るだけ資金を減らさない=稼いだ金額を手元に残していく」

これこそがスロットには最も有効と言える攻略法ではないかと思います。

■利益を守る攻略法についてはこちらで詳しく解説しています

オンラインカジノ攻略法・必勝法の一覧まとめ
オンラインカジノで使える攻略法や必勝法を一覧でまとめています。全てのゲームで使える方法やライブカジノで効果を発揮するシステムベッド。バカラ、ルーレット、ブラックジャックのそれぞれで使える独自の攻略・必勝法まで紹介しています。

スロットゲームのおすすめオンラインカジノ

【ランキング1位】ベラジョンカジノ(Vera&John)
  • 運営元:Breckenridge Curacao B.V
  • 開始時期:2011年
  • ライセンス国:キュラソー
  • 入出金方法:Visa・MasterCard、VenusPoint、ecoPayz、仮想通貨、銀行送金
  • ゲームの種類:ビデオスロット、ライブカジノ、テーブルゲーム

決済手段・ゲームの種類・サポート対応と信頼性とユーザビリティの高さから、初心者おすすめ度では現状で文句なしの不動のNO.1と言えるでしょう。

【ランキング2位】インターカジノ(InterCasino)
  • 運営元:Breckenridge Curacao B.V
  • 開始時期:1996年
  • ライセンス国:キュラソー
  • 入出金方法:Visa・MasterCard、VenusPoint、ecoPayz、仮想通貨、銀行送金
  • ゲームの種類:ビデオスロット、ライブカジノ、テーブルゲーム

運営元はベラジョンカジノと同じですが認知度はやや劣るので第2位としました。2020年に大幅リニューアルしたことでユーザビリティも大幅に向上したため、ベラジョンと差がほとんどなくなりました。初回ボーナスを優先するなら現在はインターカジノがおすすめです。

【ランキング3位】チェリーカジノ(Cherry Casino)
  • 運営元:PlayCherry Limited
  • 開始時期:1996年
  • ライセンス国:マルタ
  • 入出金方法:Visa、MasterCard、JCB、ecoPayz、Venus Point、iWallet、Muchbetter
  • ゲームの種類:ビデオスロット、テーブルゲーム、ライブカジノ、スポーツブック

インターカジノ同様に1996年運営開始の老舗であるCherry Casino。ややサイトがシンプルすぎて使いにくい面があるので、ここでは第3位にしましたが、運営実績と信頼性の高さはトップレベル。スポーツブックもトライしたい方はチェリーカジノをおすすめします。

▼オンラインカジノで遊べるゲームのまとめ

オンラインカジノゲームの種類と特徴まとめ
オンラインカジノでプレイできるゲームの種類についてまとめています。スロット、テーブルゲーム、ブックメーカーなど各ゲームの詳細ページを紹介する目次的なページとなっていますので、オンラインカジノ初心者の方は活用ください。
タイトルとURLをコピーしました