オンラインカジノランキング

日本人ユーザーおすすめのオンラインカジノを厳選してランキング形式で紹介しています。

オンラインカジノを始めるなら、まずはココをチェック!

ランキング詳細はコチラ

オンラインカジノにかかる税金

オンラインカジノは日本の公営ギャンブルではありませんが、利益を得ることに代わりありませんので、勝利金に対して税金がかかります。

ここではその税金の種類や計算方法について、いざ稼いだ時に慌てないように基礎知識を紹介させて頂きます。

オンラインカジノにかかる税金の種類

オンラインカジノにかかる税金の種類は競馬やパチンコ・スロット、懸賞や福引の賞金といった一時所得の課税対象になるのが一般的です。

一方、株やFXなどのように副業として取り組む場合には、雑所得で税金を計算する方法もあります。

ただしこの場合は、あくまで生計を立てる目的となりますので、毎月一定期間継続的にプレイし、入出金日時やどのゲームでどれだけプレイしたのかといった裏付けがないと認められませんので、ほとんどの方は税金の項目は一時所得に該当すると考えておけばよいでしょう。

税金が発生するタイミング

では、この税金は全ての人に該当するのでしょうか。

結論から言いますと、数万円程度の利益で税金がかかるかと言えばそんなことはありません。

納税義務、つまり確定申告しなければいけない条件は、その年の1月1日~12月31日までに稼いだ金額が70万円以上になった場合が税金の課税対象になります。

ただし、ここで気をつけたい点が以下の2点です。

●税金は勝利金のみカウントされる(=損失額は含まれない)

●利益が確定した時点で一時所得の対象となる(=出金した時点ではない)

税金は勝利金のみカウントされる、という部分がややわかりにくいと思いますので、税金の計算方法とともに詳しく説明していきましょう。

オンラインカジノにかかる税金の計算方法

先程、その年に稼いだ金額が70万円以上になったら税金が発生すると言いましたが、厳密に言うと、サラリーマンの場合、給与以外で何かしら20万円以上の収入が発生した場合には確定申告(=税金を収める)をする必要があります。

ただし、一時所得の場合は最高50万円までの特別控除額があるので、その分を足した金額から税金がかかるというわけです。

具体的に計算式で示すと以下のようになります。

一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最大50万円)

ここで先程注意して欲しいといったのは、税金の対象となってくるのが収入を得るために支出した金額の部分になります。

それぞれ、

●総収入金額:ゲームをプレイして得た利益

●収入を得るために支出した金額:ベットした額

となるわけですが、この「収入を得るために支出した金額」とは勝った時(=利益を得た時)のみカウントされるということ。

わかりやすい額で説明しますと、

①ベット額20万円で100万円の勝利=+80万円

②ベット額30万円で50万円の負け=-20万円

この場合、あなたがベットした金額は合計で40万円ですが、一時所得を計算する場合は、勝った方のベット額の20万円で計算しなければいけないということです。

つまり極端に言うと、一年間で勝った金額より負けた金額が多かったとしても、勝った金額が税金の対象(=70万円以上)になっている場合は確定申告の必要があるということを覚えておきましょう。

まとめ

ここまで読んで、「競馬やパチンコで勝って税金収めている人なんて聞いたことない!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

確かに競馬やパチンコでも勝つ人は年間で70万円以上軽くクリアしている人も多いでしょう。

その理由は、払い出しの金額が記録に残らない(=現金出金)からと言われています。

しかし、オンラインカジノでは、

各サービス:入出金記録(=プレイ記録)が残る

電子決済サービス→国内銀行へ出金:各口座に情報が残る

このように履歴がきちんと残ってしまうため、税務署としてはお金の流れがはっきりわかってしまいます。

カジノ法案が成立し、この辺りの法整備も進んでいくことが予想されますので、納税義務が発生する利益を得たら、忘れずに確定申告して税金を払うようにしましょう。