オンラインカジノとはどのようなサービスなのか

ここ数年で、じわじわと日本人ユーザーが増え続けているオンラインカジノ。

しかしながら、ようやくカジノの誘致がされることになった日本では、まだ馴染みのないサービスと言えるでしょう。

ここでは最も基本的なこととして、「オンラインカジノとは何か」について知識を深めていきたいと思います。

一般的なカジノとオンラインカジノの違い

私たちのイメージする、いわゆる一般的に言われるカジノとは、金銭を賭けてブラックジャックやスロットなどのゲームを楽しむ施設のことを言います。

日本にはこれまで文化がないので、ラスベガスやマカオなど豪華で派手な施設か、あるいは何となく違法性のある賭博のイメージを持たれる方が多いと思います。

しかしながら、その歴史はかなり古く、世界最古と言われるイタリアの「Casinò di Venezia」は実に1638年から運営しています。

現在世界で120ヶ国以上あると言われていますが、日本では法律上認められてない(=つまり違法)のため現在のところ施設はありません。

しかし、2018年に7月に成立したIR実施法によって、いよいよこれから日本にも施設が作られることが決定したため、その動向が注目されています。

これに対しインターネット上にある架空の施設というのがオンラインカジノと言えば違いがわかりやすいでしょうか。

つまり、私たちユーザーは施設に足を運ぶ必要がなく、インターネットが通じているパソコン、タブレット、そしてスマートフォンがあれば世界中のどこにいてもゲームが出来るという特徴を持っています。

そして最も明確な違いは、ゲームの相手が「人間」か「プログラミングされたコンピューター」であるかという部分。

ただこれに関しては、ここ数年でインターネットを介してディーラーと対戦できるライブカジノが普及してきたので、だいぶ差別化がなくなってきましたが、元々は「オンラインゲーム」というイメージが強くありました。

でも、オンラインなだけでカジノであることに変わりないので、日本人がプレイすることは違法じゃないのか?

こんな不安を抱かれる方もいらっしゃると思いますので、この辺りの議論は、こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました