ベラジョン

 

オンラインカジノデビューの初心者はもちろん、ハイローラー向けとしても人気のあるVera&John(ベラジョンカジノ)。

 

2016年から連続でナンバー1に選ばれている世界的に認知度の高いオンラインカジノですが、日本人ユーザーからも圧倒的な人気があります。

 

当サイトでは、このベラジョンの特長を紹介しつつ、なぜ多くの日本人ユーザーに支持されているかについて明らかにしていきます。

 

 

 

ベラジョンが日本人に信頼性を得ている3つの理由

 

日本人にとっては、まだまだ「カジノ=違法・怪しい・騙される」というイメージが強い中で、ベラジョンはなぜ多くの日本人ユーザーから信頼性を得ているのか。

 

それには、3つの安心ポイントがあるからです。

 

 

安心ポイント@株式上場企業のオンラインカジノ

 

ベラジョン本社

 

ベラジョンカジノはロンドンの株式市場に上場している「Jackpotjoy plc」のグループ企業です。

 

日本で言うところの一部上場企業と同じ位置づけと言えばイメージしやすいかと思います。

 

上場企業という事が、なぜ信頼性につながるかと言えば、全ての事業内容や売上などの数字がオープンになっているからです。

 

また、リアルカジノもたくさんあるマルタ共和国の政府機関である「Malta Gaming Authority」の厳しい審査基準のもと運営されています。

 

つまり、そもそも怪しいことが一切できないシステムになっていることが、日本人にとっては安心感が大きいポイントになっています。

 

 

安心ポイントA完全日本対応

 

ベラジョン公式サイト

 

オンラインカジノは全て国外の企業が運営していますが、日本語を含めてほとんど主要国の言語は対応しているため問題はありません。

 

ただ、サイトのレイアウトは基本的に運営元がベースなので、完全日本語対応と言っても、かなり違和感があるサービスが多いです。

 

これって実際に遊んでみると結構重要で、慣れないところにボタンがあったりすると一気に不安になります。

 

その点、ベラジョンは日本人が見慣れたサイト体裁に沿って作られているため、ストレスなく遊ぶことができます。

 

また、11時から24時までは日本語によるライブチャットも対応しているので、わからないことはすぐ聞ける体制が出来ているのも、特にオンラインカジノビギナーには大きな安心ポイントです。

 

 

安心ポイントBハマりすぎることがない

 

自己規制

 

パチンコやスロットも同じですが、ギャンブルの恐いところって「ハマりすぎる」ことです。

 

とくにオンラインカジノはスマホで遊べる手軽ゆえに、つい熱中しやすくなってしまうもの。

 

そこでベラジョンでは、

 

  • 時間制限
  • ロス制限
  • ログイン制限
  • 入金制限
  • ゲームプレイ時間制限

 

この5つをオリジナルでカスタマイズでき、かつ設定したら即反映されます。

 

運営者側からすれば、いくらでも遊んでくれたほうが利益に直結するものですが、こうしたユーザーファーストの姿勢を常にサービスに反映しているため、信頼度が高く私たちは安心して遊ぶことができるわけです。

 

 

ベラジョンのボーナスはビギナーに手厚い

 

ベラジョン ボーナス

 

ベラジョンでは初めてプレイする方向けにこのようなボーナスが用意されています。

 

 

◆アカウント登録ボーナス

 

アカウント登録後にサポートにメールすれば$30(約3,300円分)

 

◆初回入金ボーナス

 

初回入金額に応じて最大$500(約5万5,000円分)

 

※1ドル110円として換算しています。

 

 

そのためベラジョンが初オンラインカジノの方は、まずは無料プレイできるスロットで好みのゲームを見つけてまずは操作に慣れましょう。

 

すれから入金をして本格的に遊び始めたら、登録ボーナスや初回入金ボーナスを上手に使って勝利金を増やしていくのがおすすめです。

 

ベラジョンではリロードボーナスという入金ボーナスやフリースピンなどのキャンペーンも随時開催されています。

 

ビギナーの内は手出しを少なく、こうしたボーナスを上手に活用しながらプレイに慣れていくことがポイントです。

 

2017年5月にはたった7セント(約80円)で320万ユーロ(約4億円)の高額勝利金を獲得したプレイヤーもいます。

 

そんな夢のあるオンラインカジノでもありますので、まずはボーナスを使って実際にプレイして体感してみましょう。

 

 

ベラジョンカジノで稼ぐ【スロット攻略法】

 

ベラジョンスロットの種類

 

ベラジョンカジノで稼ぐのであれば、やはり代名詞とも言えるスロットは外せません。

 

ビデオスロットとジャックポットスロットも合わせれば約900種類のゲームが用意されていて、数百万単位のジャックポットであれば毎月のように出ているのも事実。

 

ただしオンラインカジノのスロットは完全ランダムにプログラムが組まれているので、パチスロのように目押しや回転数で攻略できるものではありません。

 

つまり、「大勝の確率を高めるには回数をこなす必要がある=単純に言えばそれだけ資金が必要になってくる」わけです。

 

そうはいっても、お金がいくらあるわけでもありません。では、どうしたらいいか。

 

その答えは、稼いだ金額を手元に確実に残す攻略法を身につけることです。

 

そのテクニックの1つにハーフストップ法があります。

 

 

 

【ハーフストップ法とは】

 

金額の大小にかかわらず勝っている間は気にせずどんどん賭けていく

 

負けが重なってきたら、「その時点の利益分の半分になったらゲームを終了する」と決める

 

 

 

このように非常に簡単な方法(考え方)ですが、どのタイミングでハーフストップ法を発動させるかという見極めには慣れが必要です。

 

ハーフストップ法が自分でコントロールができるようになれば、稼いだ金額の内、半分は確実に手元に残ることになりますし、調子が悪い時はゲームの種類や時間を改めるきっかけが作れるようになります。

 

初心者のうちは、少額の入金やボーナスを上手に活用して、ハーフストップ法をマスターしていきましょう。

 

矢印

 

 

 

ベラジョンの入出金方法

 

ベラジョンではスマホとパソコンで入出金方法が若干異なります。

 

より具体的に言うと、入金時に使えるクレジットカードの種類がスマホではVisaとMasterカードだけとなっています。

 

これを踏まえて、入出金方法をそれぞれ整理してみましょう。

 

 

ベラジョンへの入金方法

 

 

 

 

入金方法はこの4種類。

 

クレジットカード以外は、オンライン送金サービスになります。

 

ただし、ビーナスポイントは入金することができないので、実質3種類と考えておいてよいでしょう。

 

※オンラインカジノで勝ったお金をビーナスポイントに出金して、そのお金で次回プレイ時に入金するという使い方なら可能

 

ベラジョンからの出金方法

 

 

  • ecoPayz(エコペイズ)
  • iwallet(アイウォレット)
  • Venus Point(ビーナスポイント)

 

 

出金方法は、3種類のオンライン送金サービスから行えます。

 

現金を引き出す場合は、各オンライン送金サービスから、国内の自分の銀行口座に送金するという形になります。

 

 

【2019年最新情報】銀行送金が追加!

 

朗報です!

 

これまで出金はオンライン送金サービスのみでしたが、ベラジョンから直接国内の自分の銀行口座に出金ができるようになりました。

 

手数料も無料なので、これはユーザーに取って、かなり大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

入出金はどの方法が一番良い!?

 

このように入出金する方法は選べますが、

 

 

◆入金手数料

 

◆オンライン送金サービスへの出金手数料($50以上は無料)

 

◆勝ったお金を現金化する際の送金手数料

 

 

と、どこかで手数料が発生します。

 

オンラインカジノで遊ぶ時には、この手数料を出来るだけ押さえたいわけですが、どの方法が最適なのでしょうか。

 

2019年時点で個人的なベストな方法はこちらです。

 

 

入金:クレジットカードでベラジョンに直接入金

 

出金:銀行送金

 

 

これが今のところ、最も手数料が押さえられる組み合わせと言えるでしょう。

 

ただ、今後他のオンラインカジノでも遊ぶ予定の方は、オンライン送金サービスを1つは持っておくことをおすすめします。

 

その場合、どのオンライン送金サービスも出金したお金をベラジョンに入金する場合には手数料はかかりませんので、

 

自分の銀行口座に現金化する時の手数料を考えた場合、ビギナーからライトユーザーならエコペイズかアイウォレットをおすすめします。

 

また、出金専用で使うのであれば、ビーナスポイントは大きい金額を送金する時の手数料が安い(900ドル毎に2%しかかからない)のでオススメできます。

 

 

オンラインカジノは違法じゃないの?

 

オンラインカジノは、まだ表向きに日本で普及しているとは言えません。

 

そのため、「オンラインカジノは違法ではないの?」という不安がどうしても拭いきれないのが現状です。

 

特に2016年にオンラインカジノで賭博をした3名が単純賭博容疑で逮捕されました。

 

これがオンラインカジノで初の逮捕者が出た事件だったのですが、このことでとより「オンラインカジノ=違法」というイメージを作ってしまいました。

 

では、この3人は全員起訴された(=有罪)になったのでしょうか。

 

答えはNOです。

 

3人のうち2人は略式起訴を受け入れましたが、1人は逮捕を不服として弁護士を介して争った結果、不起訴処分(=無罪)となったのです。

 

何がいいたのかというと、この裁判結果によって、海外に拠点を置くオンラインカジノで遊ぶことは違法ではないという事が証明された形になったのです。

 

もし、オンラインカジノで遊んでも大丈夫かなと思っていた方は、この事実をご理解いただければ幸いです。

 

競馬などと同じようにギャンブルには変わりませんので自己責任で遊ぶ必要はありますが、

 

ベラジョンのようにイギリスに拠点を置き、マルタの政府機関のライセンスを得ている合法的なオンラインカジノであれば、日本でプレイをしたとしても問題ありませんので、安心してプレイを楽しみましょう。

 

スマホでも楽しめる上場企業のオンラインカジノ

 

page top