<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションを含む場合があります

広告 パチンコ店・ホール情報

オールナイト(24時間営業)でパチンコ・スロットが打てる店はどこ!?

パチンコ・スロット好きなら、閉店間際の確変で涙をのんだ経験のある方もいらっしゃると思います。

「ああ、オールナイトで打てる24時間営業のパチンコ屋があればあればなあ・・・。」というのが本音なところですよね。

でも、日本中探せば実は条件付きでオールナイト営業しているパチンコ店があることをご存知でしょうか。

ここでは24時間営業のパチンコ店をテーマにお伝えしていきます。

オールナイトのパチンコ・パチスロが気になる方はきっと、パチンコ・パチスロがかなりお好きな方ですよね。

ただ、現状では限られた場所や時期だけのイベントとして実施されているだけなので、できれば手軽に、気軽に、24時間いつでもパチンコ・パチスロしたくないでしょうか?

24時間いつでも、どの地域の方でも遊んで本当に換金もできて、かつ、懐かしの実機が体感できるオンラインパチンコ・パチスロが稼働中です!

初代ミリオンゴットや北斗の拳、牙狼、花の慶次など万枚超えがバシバシ出ていた4号機・5号機、爆裂のMAX機などの懐かしい実機や、現在台湾パチスロでも人気の【裏モノ】と言われる改造機も存在しています。

リアルマネーで懐かしの実機が打てるクイーンカジノはこちら!


クイーンカジノの当サイトの詳細解説はこちら

クイーンカジノの評判・口コミ・レビュー
クイーンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

あの4号機・5号機の爆発力をそのまま体感できて、完全オリジナル機のオンラインパチンコ・パチスロホールが日本人ユーザー数NO.1のベラジョンカジノでついに登場!

140%の機械割を超える台も存在するオンパチも、一度体験してみませんか?

パチンコ・スロットユーザーが続々登録中!!


ベラジョンカジノの当サイトの詳細解説はこちら

ベラジョンカジノの評判は?入金出金・ボーナスなど最新情報を徹底レビュー

続きを見る

法律で定められているパチンコ店の営業時間

そもそも論として、日本の風俗営業適正化法(通称風営法)ではパチンコ店の営業時間は下記のように定められています。

風俗営業者は、深夜(午前零時から午前六時までの時間をいう。以下同じ。)においては、その営業を営んではならない。ただし、都道府県の条例に特別の定めがある場合は、次の各号に掲げる日の区分に応じそれぞれ当該各号に定める地域内に限り、午前零時以後において当該条例で定める時までその営業を営むことができる。

ここに記載されている通り、法律上は深夜0時から午前6時までの間は営業してはいけないことになっているため、どんなに遅くても24時までに閉店しなければいけないということになります。

ただし、「都道府県の条例に特別の定めがある場合」という条件付きであれば、特例が認められるということも書いてあります。

その特例が認められている地域が現在全国で3箇所あります。

深夜営業・24時間営業が条例で認められている地域

風営法の特例として、地域の条例で24時間営業・深夜の延長営業が認められている地域は、三重、札幌、京都、宮城の4つになります。

それぞれどのような特例なのか見ていきましょう。

三重県は年末年始に限りオールナイト営業

三重県はオールナイト、つまり24時間営業になる日が存在します。

その特例が認められているのが年末大晦日の12月31日から元旦1月1日にかけてになります。

正確には12月31日の朝9時から1月1日の深夜1時までなので、24時間どころか最大40時間ぶっ通しで営業可能という特例です。

三重県と言えば、ご存知年間1000万人近くが参拝に訪れる伊勢神宮がある場所。例年正月三が日だけで50万人が訪れる混雑振りですから、トイレも足りなくなりますよね。

とは言え、それを理由にオールナイトの特別条例が許可されるのもすごいところですが、パチンコ・パチスロ好きにとっては、三重県のオールナイトパチンコは、色々な意味でお祭り的な有名なイベントになっています。

京都は7月限定で深夜1時まで延長営業

京都の夏の風物詩と言われる祇園祭は、毎年7月1日から1ヶ月の間行われる神事です。

この期間中だけ、京都の風俗条例で深夜1時までパチンコ店の延長営業が認められています。

理由は、祇園祭を見に来る観光客のためのトイレや駐車場を提供するためです。

そんな理由でと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、毎年開催期間中には計100万人以上、多い年は200万人近くが1ヶ月間で訪れるわけですから、確かに簡易トイレだけでは到底間に合いませんよね。

こうした特例措置として、京都のパチンコ店の深夜営業が認めてられているというわけなのです。

札幌は祭事・お盆期間中に延長営業が認められている

北海道の札幌市では毎年2月上旬に1週間に渡って開催されるさっぽろ雪まつりの期間中やYOSAKOIソーラン祭り、お盆期間中などで深夜1時までの延長営業が認められています。

こちらも観光客が多く訪れる時期のトイレや駐車場を提供することを条件に延長営業が特例として認められています。

宮城県は夏と年末年始に延長営業が多い

宮城県は、通常営業時間が全国で最も長い8:00~24:00の16時間営業となっています。

さらに、夏場の7・8月、年末年始の12月・1月には、各地の多くの店舗で1時間長い深夜1時までの延長営業が実施されることで知られています。


オンラインならパチンコ・スロットが24時間どこでも打てる!

このように日本の法律ではパチンコ店は深夜0時~翌朝6時までは営業できないことになっていますが、特別な事情があれば地方の条例で延長営業が認められています。

とはいえ、ここまで見てきたようにそれ相応の理由がなければ条例は作られることはありませんので、全国的に24時間営業のパチンコ店が実現するのは現実的に難しいと思います。

ただ最近では店舗と同じようなパチンコやパチスロがオンライン上で打てるようになりました。

オンラインカジノ同様に海外を拠点に配信提供されているサービスなので日本の法律は適用されないため24時間営業が実現しています。

初代北斗、吉宗などの連荘、爆裂機、MAX機と言われる実機や同スペックで打てるのは、大手オンラインカジノではクイーンカジノとベラジョンカジノだけなので、昔のあの興奮をもう一度味わって下さい。

●懐かしの実機を打ちたい方はクイーンカジノ!


◆クイーンカジノの登録方法を図解で詳細したページはこちら!
クイーンカジノの登録方法と手順
詳しく解説しています!クイーンカジノの登録方法と手順!入金不要ボーナスのもらい方まで徹底解説

続きを見る

●万枚超えや140%の機械割を超えるオリジナルスロットを打つならベラジョンカジノ

パチンコ・スロットユーザーが続々登録中!!
↓↓↓


◆ベラジョンカジノの登録方法を図解で詳細したページはこちら!
詳しく解説しています!ベラジョンカジノの登録方法【入金不要30ドルボーナス特典付】

続きを見る


【最新情報】パチンコ・スロット(パチスロ)搭載のオンラインサービスはこちら!
最新のオンラインパチンコ・スロット(オンパチ)のおすすめサービス
詳しく解説しています!オンラインパチンコ・スロットのおすすめ!リアルマネー・実機が打てるサービス

続きを見る